Créer mon blog M'identifier

演出では一定の場所にレーザー光線が止まらないよう

Le 19 septembre 2017, 03:39 dans Humeurs 0

会議や講演会などで黒板を指したりにも使いますし、
建築現場では、直線の基準に使ったりもします。
緑レーザーポインターそのものは、レーザーポインターも
銃のレーザーサイトも構造は大差ありません。

人や動物に照射したり、夜間にヘリコプターに向かって照射する輩がいたりだとか。
レーザーポインターなんてプレゼンぐらいでしか一般の人は使わないはずです。そこまで出力の高いものは必要ないかと。

少し前ヘリにレーザーポインターを当てた人が公務執行妨害で逮捕されたことがありますよね。それほど危険なものなんです。
質問者様は回避することが出来ましたが仮に当てっていたら失明する可能性も十分ありました。

レーザー光線は目に入る時間が長いと視力障害やレーザー光線を近くで見ていると頭痛、吐き気が起こります。演出では一定の場所にレーザー光線が止まらないように動いていると思います。レーザー光線は緑色だけでなく他の色もあります。ライフルスコープから狙った敵の身体に赤色の点が映るのは赤色のレーザー光線で洋画等で見た事があると思います。企業のプレゼンでホワイトボードや暗い室内でプロジェクターを使用する時に赤色のレーザーポインター をよく使用されると思います。

このled付きレーザーポインター光が光ファイバーと結合するときの結合損失(減衰量)はb[dB]である。また、光ファイバーの単位長あたりの伝送損失はc[dB/km]、光ファイバーの長さはL[km]である。

星レーザーポインターは他の色と違い、構造が複雑なので大体どれも熱に影響されやすいです。
その上、グリーンレーザーの仕組み上熱を発生しやすく少し長く点けていると、これはこれで出力が落ちたり部品が溶けたりします。

レーザーポインター建築

http://kaishi0327.cloud-line.com/blog/

http://edavio.com/zjiayou0811/p/125241254012470125402442721051272311239812524125401247012540/

青色レーザーポインターより「見えやすい」

Le 17 avril 2017, 11:22 dans Humeurs 0

この場合の「明るい」というのは「見えやすい」という意味で、
遠くまで届くという意味ではありません。
人間の目は、緑が一番見えやすく青は見えにくいようにできているので
緑レーザーのが青色レーザーポインターより「見えやすい」んです。

レーザーポインター 販売

光(レーザーポインター強力)には波長があり、波長で色が決まります。
青(紫みの青)(波長:445~485nm)、
緑(波長:500~560 nm)
赤(波長:625~740 nm)
ですが、人間の目は555nmが一番見えやすく、そこから波長が離れるほど見えにくくなるんです。

例えば緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流ですが
見えやすさで比較すると532nm:635nm:650nm=8:2:1となります

青のレーザーの波長はそれよりさらに波長が離れているので、
実際には青よりレーザーポインター 緑 の方が10倍以上明るく見えます。
1Wの青レーザーより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が
かなり明るいと言われているほど、グリーンレーザーは視認性が高いです。

また、遠くまで届くかとのことですが
わずかにグリーンレーザーの方が遠くに届く可能性はあります。
可視光線より長い波長の赤外線が大気に吸収されにくく、
逆に可視光線より短いX線やガンマ線などが大気に吸収されやすいことから、
若干の影響はあるかもしれません。

短い←【波長】→長い
(γ線←X線)紫外線←青<緑<赤→赤外線

星レーザーポインターは「1mw」と書いてあっても、個体差があるので0.9mwだったり、1.2mwだったりします。
それにグリーンはレーザーの中では一番明るい色です。
「プレゼン用に買ったは良いけどグリーンじゃ眩しすぎる」とかそういう意味での「強すぎる」じゃないですかね?
薄暗い部屋でスクリーンに向けて使うなら赤色で十分ですからね、薄暗い部屋ではグリーンは眩しい

猫用レーザーポインターは明らかな熱効果があるので長時間連続使用してはい

Le 11 avril 2017, 10:32 dans Humeurs 0

オススメレーザーポインターのご注意と用途

レーザー指示棒 ペンの形

1.教師/講師──授業の時に、教室でのどこでも気軽に指すことができる。必ず教師の片腕になります。
2.ビジネス/会議用――製品の展示と会議内容の説明に、あなたの講演を勝手にするようになり、お客様とのコミュニケーションがいっそう楽になります。
3.博物館/ツアーガイド──自然・文化遺産での観光案内、接触してはいけない、できない箇所の説明に、この製品は気楽で正確に目標を指示することができます。
4.野外旅行・冒険──野外での照明、指示、救急信号を伝える機能等があります。あなたの旅行はさらに楽しかった、より安全。
5.天文の愛好者──星空観察、天体観測に、usb接続 レーザー指示棒 充電式は星・星座へのよりよい理解のために星をわかりやすく指し示す。夜は手元から天空まで青の光線が見えるので星座の解説や、綺麗な星空をお楽しめます。
6.建設現場/暗所に作業──手が届かない遠方・高所・危険箇所をレーザーペン形光を照射して、離れた場所から安全で現場に立ちのように指揮すること、ご安心ください!
7.防犯用――お山岳地帯に危険な動物に襲われた時、あるいは強盗された時、生命や財産を脅された場合に、このレーザーポインター強力を護身用に使用することができます。
8.軍事指揮/演習――部下に目標が空中や中腹のどこにあるか説明する時、一生懸命お手のジェスチャーをする必要がなくて、ボタンスイッチを押すと空に指すことができます。
9.消防/救援/地震――緊急状況時に命を救った2色レーザーポインター である。

1、使用しない時には電池を抜いて下さい。
2、人や動物に向けて照射しないでください。
3、長時間使用しないの場合に、電池を取り出していない。
4、車や飛行機といった乗り物に向けて照射しないでください。
5、動物を驚かすことを避けるように動物園ではポインターレーザーを使ってはいけません。
6、他人を過失傷害しないように人が多い所にレイザーポインターを使用しないでください。
7、ある絵は光に照射されませんから、芸術館では超強力レーザーポインターを使うのはやめてください。
8、高出力猫用レーザーポインターは明らかな熱効果があるので長時間連続使用してはいけない、温度に比較的に敏感な固体レーザーは特にです。
9、天文愛好家はレーザーを使って星空観察をしているとき他の星空観察や撮影する人に迷惑をかけないように頻繁に長時間に安全ポインターレーザーを使用しないでください。
10、連続レーザ光の時間があるため、過熱の人は強力レーザーの寿命に影響を与えるかどうかを、1分を超えないことをお勧めします!

Voir la suite ≫